記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような体験 その2

さて、黒坂さんと待ち合わせていよいよ本番会場へ向かいます。途中、いったん時間調整でハンバーガー屋さんへ。
黒坂さん、体調が悪いらしく昨日から何にも食べてないとのこと。おいおい、大丈夫?
といいながら私もだんだん緊張してきて胃が痛くなってきました。でも、お腹すくのでしっかりハンバーガーをほおばる。(^^;)

そんなこんなで会場入り。ずらっと雀卓が並んでる風景にちょっと圧倒されました。
そうだ、ここは元々麻雀番組チャンネル。すると黒坂さん「あー麻雀やりたい」。何だか君、余裕じゃない?
さてさて、そのまま待っていると続々と対戦相手になるプレーヤーが来場してきます。
と、「あれ?何だか見覚えあるぞ」。確かアタック25で強烈に強かった人じゃない??と思ってたら、黒坂さんが「あ、はしらさんの一回戦の対戦相手、めっちゃオープン大会出まくってる人ですよ」と。

うん?確か、未勝利戦では??

まあ、番組出てなかったらレギュは満たすからなあ。。。仕方ない、とりあえず1 ○は積みたいな、そしてトビだけはしたくないなあ。

そんなこんなで説明を聞いて待ってるとリハーサルに。最初のインタビューをほぼそっくり仕込んでくれるらしい。それは助かる!クイズそのものも不安だけど、チキンなおっさんはあの最初のやりとりがうまく出来ないんじゃなんいかというのもかなりのプレッシャーでした。ほぼ同じやり取りが練習できる、プレッシャーかかりっぱなしだった状態がちょっとだけ和らぎました。
リハーサルでは最初の一問とインタビュー、そして勝ち抜ける時の動き方を行うんですが、この時に隣に座った人の指が速い速い。「そこにある問題集、全部読んでますけど、大丈夫ですか?」とすごい質問しています。気合十分、うーん、圧倒されそうだ。。まあでもとにかく1○、1○だけ積みたい、と心の中で繰り返しながらリハを終えました。
控室に戻ると黒坂さんと無駄話。ド緊張してたんですが、いやー、黒坂さんと一緒にきてよかった。1人だと緊張で本当に吐いてたかもしれないですが、ちょうどいい感じでの無駄話で吐かずにすみました。

さて、いよいよ出場が近づいてきました。「あかん、やっぱもう吐きそう」心身泣きそうでした。でも、ここで、出場することをお知らせしていた数少ない方からの激励メールを見返します。

「リードされてもペースを崩さず落ち着いて頑張って」

よし、行こう。とにかく1○目標に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はしら

Author:はしら
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。