記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような体験 その3

一回戦の相手は、学生さんと二回目の方と新潟から来られた方。
学生さんは気合十分、めちやくちゃ強そうオーラが凄い。逆に他の2人は緊張がこちらにも伝わってきました。
ああ、緊張してるの、自分だけじゃないんだなー。「彼も人なり、我も人なり」だなと少し深呼吸して落ち着きました。さて、始まりです。

「問題。今年でデビュー50周年となる、オルフェウスの窓、ベルサイユのばら/」
ポーン。自宅は漫画が山ほどあります。ほとんど嫁さんのものなんですが、当然名作「ベルばら」も。ああ、嫁さんが漫画好きでよかった。「池田理代子」ピンポンピンポン。
おおー、やったー。1○取れたー。この一問でぐっと落ち着きました。あとはインタビューをこなせればもう気楽にできるよ。

インタビューも無事終わり、数問他の人の正解だったりトビだったりした後の問題
「今年の選抜野球の入場行進曲となっている/」ポーン
よし、点いた。これ、いつかのフリバで聞いたやつだ。
「恋」ピンポンピンポン。やったー。
続いて「日本では水の妖怪のイメージから河童の姿で表現される/」ポーン。
おおっ、これも聞いたことあるぜよ。本家はカッパじゃねーんだって驚いたよなー。
「沙悟浄」。ピンポンピンポン。やったー。これで3○。すごい、立て続けに知ってるやつがきたー。もう一問何とか知ってるの来ないかな?
「問題。後輩芸人のブリリアンを引き連れて/」ポーン。やったー。これ直前に黒ちゃんと話してたやつだー。ありがとう、黒ちゃん。「ブルゾンちえみ!」ピンポンピンポン。やった、勝ち抜けたー。うれしーーーー。
早押しクイズってたのしーーー。と、調子がいいときに感じる、ああ、今アドレナリンが出まくってるんだろうなという幸せな気分でした。原宿杯のときもそうでしたが、緊張を超えて楽しいと思えると不思議と知ってる問題の巡り合わせもよくなります。
何はともあれ、まだクイズに参加できるんだなあ、よかったー。

控室に戻ると黒坂さんが二やつきながら「ブルゾンちえみ、出たでしょ」と。おお、あれはよかったよ。今夜はついてるかもしんない。黒ちゃんも頑張ってね。と送り出します。
控室のモニターからみる黒坂さんの勇姿。と、対戦相手にすごく強いと思われるご夫婦の旦那さんがいる。むむ、これは黒ちゃんでも苦戦かな。
「問題。ゼルダの伝説シリーズでプレーヤーが操作する/」ポーン「リンク」ピンポンピンポン。やったー、黒ちゃんまず1○。得意のゲーム問題。これは幸先いいぞ。
しばらく、他の人のポイントが続きましたが、「落語で本題に入る前の/」ポーン「まくら」ピンポンピンポン。べた問で2○。よしよし。落ち着いて取れてる。頑張れ。
その後、強い旦那さんが抜けますが、まだ、あと一人枠はある。
3○積んだ後、
「問題、アメリカでは「フットボールジャグリングという、サッカー/」ポーン
「リフティング」ピンポンピンポン。よっし、やったーーー!
黒ちゃん抜けたー。さすがやねん。

控室に戻ってきた黒ちゃんとグータッチ。いやー、よかったよかった。二人とも一回戦抜けはめでたい。と、しかし抽選で決まった組み合わせは。。。何と同組!あらー。他の対戦相手も「早押し王」などの大会で活躍している人と、テレビ番組でみた時に超強かった覚えがあるご夫婦の奥さんのほう。まあ、準決勝だからね。強者しか残ってないからね。でもなあうーん、と考えてたら黒坂さんが「一緒に頑張りましょう」と。そうだ、ここで呑まれては精神的に自滅した「まいるど2」大会の二の舞。不安は不安だけど頑張ろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はしら

Author:はしら
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。